headband

食欲不振の原因について

食欲不振の原因はさまざまなものがあげられます。
誰しも「食欲がわかない…」という症状になった経験はあると思います。
仕事が忙しく、睡眠時間もままならい日が続けば、体に疲労・ストレスが蓄積されてしまいます。
このストレスが原因で食欲不振に陥ることがあります。
ストレスで神経バランスが崩れると「お腹が空いた」という状態が伝わりにくくなります。
つまり、「お腹が空いている」状態であるにもかかわらず中枢神経がしっかりと伝達できないのです。
さらに胃腸の働きも低下しますので、食欲も減退してしまうのです。

また、年齢的な理由もあります。
よく高齢者が「最近、齢のせいか、めっきり食欲がわかない…」といいますよね。
これは、体の機能低下によって中枢神経の働きが鈍くなるからです。
また、入れ歯をしていると、その不快感から食欲がわかなくなるケースもあります。
精神的にも不安定になりがちで、疎外感をいだいたり、喪失感に苛まれ、食欲不振につながるのです。

便秘であること原因で食欲不振になっていることもあります。
本来消化されるべきものが便で出口が塞がっている状態で、やがて胃もいっぱいになってしまうのです。
こうして胃の機能低下をまねき、食欲不振につながります。

さらに病気の症状として食欲不振があらわれていることも考えられます。
とくに肝臓病になると、体の倦怠感や黄疸とともに食欲不振もみられます。
他にも癌や糖尿病の場合にも、食欲不振があらわれることがあります。

その他逆流性食道炎でも食欲不振になることがあります。

参考サイト:逆流性食道炎 治療

食欲不振の症状がみられるとき

食欲不振の原因はたくさんのものがあげられます。
自分では、どういった理由でどういった症状がみられるということが判断できかねるでしょう。
症状として、食欲不振とともに胸やけや気持ちが悪かったりする場合、早急に病院に行ってみてもらいましょう。

朝起きたときのように空腹の状態であるときに、胸やけやむかつきの症状がみられた場合は、胃のトラブルが考えらます。
ストレスなどが原因となって胃酸を過剰に分泌させてしまって、食欲不振をまねいてる可能性があります。
主に空腹時に症欲不振の症状がみられる場合は、自覚的に生活習慣を見直してみましょう。
暴飲暴食、睡眠不足を改善して、規則正しい生活をおくることをこころがけてください。

また食後に、胸やけや胃に不快感をかんじ、食欲不振の症状がみられる場合はどうでしょう。
食事をした後、数時間たって、そういった症状がみられる場合は、消化機能が低下している可能性が高いです。
思うように食物を消化できない胃においては、胃酸だけが分泌され続け、胸やけの症状がみられるのです。

さらに食欲不振の状態から吐き気や嘔吐がみられ、倦怠感などの症状がみられる場合は、肝炎や肝硬変など、病気にかかっている可能性があります。
たかだけ食欲不振という症状自体、そんな気にするものでもないと軽視していると重大な病気の発症を見逃してしまうこともあります。
腎不全、胃潰瘍、胃炎、癌などリスクが高い病気の症状としても食欲不振がみられることを覚えておきましょう。
pagetop
Copyright(C) 2012 食欲不振の原因と対策ガイド All Rights Reserved.